文石株式會社

 

現在私たちの生活に大きな利便性を提供する攜帯電話、タブレット、コンピュータなどの様々な技術製品でいっぱいです。しかし、これは、眼の緊張、乾燥した目、刺激された目の痛み、視力のぼけおよび眼の問題から誘発する頭痛を含む多くの健康問題を引き起こします。私たちの使命は、技術的利便性を提供することだけでなく、デジタル疲労からあなたの目を守る最先端の目に優しいエレクトロニクスを開発することです。
文石株式會社は、エンドユーザーに紙のような読み書き體験を提供するE Ink(ePaper)デバイスの設計、開発、製造、販売およびマーケティングに専念する中國の先進家電企業です。2008 年にIBM、Google、Microsoft のチームによって設立された文石は、広州中國に本社を置き、中國のシリコンバレーとして知られる深センにオフィスを構えています。
2009 年以來、文石が開発した電子リーダーBOOX シリーズは世界中話題になります。最近、舊型6 “E Ink 電子リーダーとは別に、大畫面のAndroid ベースのE BOOX MAX2 やBOOX NOTE の開発を中心に行います。過去10 年間で、文石製品は世界4 大陸60 カ國以上に販売されております。高度に専門的なソフトウェアおよびハードウェア開発チームにより、ディストリビューター、パブリッシャー、教育業界および潛在的なビジネスパートナーに一貫したソリューションをご提供いたします。
私たちの成長の過程で、途上國の書籍やコンテンツの知的財産に対する意識を高めると同時に、より才能のある人々が社會と共有する高品質のコンテンツを生み出すことを支援するのが我々のビジョンです。私たちの努力と革新を通じて、多くのJ.ローリングスが現わすことを願っています。

  • 2008 年:米國ロサンゼルスに創業
  • 2009 年:中國広州に本社を置く
  • 2009 年:BOOX A60 を初めて市場に投入
  • 2010 年:BOOX M90、初めての大畫面9.7 "電子リーダーを開発
  • 2013:BOOX C65ML、フロントライト付き初のAndroid 搭載電子リーダー
  • 2015 年:BOOX E43Eink フォーンを市場に初めて導入
  • 2016 年:BOOX MAX 最大のE Ink 電子リーダーを開発
  • 2017:BOOX MAX2、最大のE Ink タブレットを開発
  • 2018: BOOX Note、攜帯便利なE Ink タブレットを開発

當社のパートナー

教育(e スクールバッグ)

代理商

出版社

當社の強さ

強力な研究開発

10 年以上のR&D 経験を持つ私たちは、新たな技術や難題に挑戦する優秀なエンジニアリングチームを築いてきました。

コスト

中國の広東省のサプライヤー、原材料、才能などのリソースを利用して、コストを削減することができます。

フォーカス

私たちはE Ink(ePaper)デバイスだけに集中します。 私たちは、ベストクラスのE Ink エレクトロニクス製品を世界市場に提供することを目指しています。